メニュー 閉じる

VENUSTECH UTM-50E

UTM-50E

Last Updated on

UTM(統合脅威管理)

ネットワークの入口でウイルスからパソコンを守ります。

業界最先端のX86ベースマルチコアハードウェアアーキテクチャとソフトウェアの一体化設計を採用し,ファイヤーウォール、VPN、不正侵入防御(IPS)、アンチウィルス、ネットワークアクセスアクティビティの管理、イントラネットセキュリティ、アンチスパム、DoS攻撃防御システム(Anti-DoS)、コンテンツフィルタリング、NetFlow等様々なセキュリティ技術を搭載しております。また、高性能で、低炭素かつエコであると同時に,各種ルーティングプロトコル、QoS、高可用性(HA)、ログ監査等の機能も全面サポートしており,ネットワークの境界で全面的かつオンタイムにセキュリティ防御を行うことで、複雑さを増すセキュリティ脅威からお客様をお守りいたします。

 

性能比較

  UTM-70E UTM-50E
ファイアーウォールスループット 2G 1G
UTMスループット 1G 0.7G
接続クライアント数(推奨) 80 20
メール添付ファイル暗号化機能 ×
不正端末アクセス防止機能 ×

ファイアーウォールスループット

スループットとは、一定時間あたりのデータ処理能力のことです。データ入力をインプット、出力をアウトプットと言うため、入力されて出力するデータの通り抜け全体をスループットと呼びます。

メール添付ファイル暗号化機能

メールに添付するファイルを自動で暗号化します。添付ファイルによる情報漏洩の防止に効果的です。

不正端末アクセス防止機能

自動的に社内ネットワークの設備を識別し、正規端末としてホワイトリストに登録可能。未許可端末の社内ネットワーク接続をブロックします。

 

 

 

関連記事